記事一覧

文部科学省施策で読み解く定員割れと定員抑制の微妙な関係 大規模大学と中小規模大学、地域振興と地方大学 

以下の記事をじっくり読んでみると複雑に絡み合った糸をほどくような読み解きの技術が必要なようだ。なぜそんなに複雑な様相を呈しているのか考えてみると文部科学省と財務省の思惑と駆け引き。大規模大学の思惑、さらに経産省や総務省、官邸といったところの利害が絡み合い、一本になっていないからである。しかし、とにかく、大規模大学に対する定員抑制策は今年の入試(過年度)についてはうまくいったように見える。定員充足で...

続きを読む

先々を考えた小学生からのプログラミング言語ならこれ!SmallBasic

カンタン。タノシイ。カッコイイ。小学生からのプログラミング Small Basicで遊ぼう!!posted with amazlet at 18.06.11米村 貴裕 みらいパブリッシング (2017-07-14)売り上げランキング: 115,535Amazon.co.jpで詳細を見る子どもがプログラミングを学ぶための言語としてレゴのようにビジュアル化された部品を組み立てていくタイプのスクラッチ(Scratch)やビスケット(Viscuit)などが使われています。とっつきやすく教えやすいの...

続きを読む

夏休み2泊3日で英語によるコミュニケーション力を磨く『えいご村キャンプ2018』

今年もNPOマナビバによるえいご村キャンプが2泊3日で開催されます。会場は埼玉県比企郡嵐山にある国立女性教育会館。ゆったりとした自然の中のゆったりとした教室や講堂、食堂、お茶室などの空間をフルに使って合宿をやります。英語を好きになれ、友だちと自然に友だちになれるようなエキササイズゲーム、ダンスなどのアクティビティが中心です。詳しくは2018えいご村キャンプ - えいご村を作ろう!プロジェクト( NPOマナビバ)い...

続きを読む

教育哲学者・苫野一徳さんの挑戦

偶然経産省のサイトで次のプレゼンテーション資料を目にしました。公教育の「本質」から未来の教育を構想する 苫野一徳さんhttp://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/mirainokyositu/pdf/003_06_00.pdf以下とても大切だと思うものをアップします。学びの個別化、学びの協同化、学びのプロジェクト化これからの公教育の方向をうまくまとめられています。すっきりとしました。軽井沢風越学園に期待したいと思います。理数教育で提...

続きを読む

早稲田大学政経学部から入試が変わります 2021年度から一般入試改革

早大政経が脱「私大文系入試」を目指す理由 教科の独自試験は廃止「長い受験勉強は不要に」(高校生新聞オンライン) - Yahoo!ニュース早稲田大学は6月7日、現在の高校1年生が受ける2021年度からの一般入試の改革を明らかにした。各学部で入試改革を検討しており、このうち政治経済学部は出題科目を全面的に見直す。センター試験の後継となる大学入学共通テストを数学など4科目課す一方で、長年実施していた大学独自の教科の試験...

続きを読む