FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校のクラブがクラゲから刺されにくくなるクリームを開発

東京新聞:クラゲ予防クリーム開発中 愛媛の県立高 水族館部「地元に貢献」:社会(TOKYO Web)
愛媛県大洲市の県立長浜高にある「水族館部」が、クラゲに刺されにくくなるクリームを開発中だ。同様の国産商品は少なく、民間企業も乗り出して来年二月の商品化を目指す。同部の三年重松楽々(らら)さん(17)は「収益で地元に貢献したい」と意気込んでいる。  

水族館部は全国的にも珍しく、学校を「長高(ながこう)水族館」として毎月一回開放し、地元の魚類約百五十種二千点を展示してきた。これまで、カクレクマノミがイソギンチャクに刺されない理由を先輩部員が研究。カクレクマノミの体表を覆う粘液に多く含まれるマグネシウムに、イソギンチャクやクラゲの触手から毒針が出るのを防ぐ効果があることを突き止めた。  

研究を受け継いだ重松さんは、市販のクリームとマグネシウムを配合して、どの濃度であれば最も効果があるか、実験を繰り返してきた。  

クラゲから身を守る目的の国産商品は、ほとんど流通していない。研究活動を耳にした企業から、問い合わせが相次いだ。静岡市の企業との協力が決まり、本格的な開発を始めた。


海水浴シーズンもお盆をすぎるあたりにはクラゲがすでに商品化に向けて動き始めているらしい。高校生でもここまでできるのはすばらしい。

クラゲに刺されるとはれ上がりますし、かゆくてたまりません。私自身、館山でキャンプしたときに酷い目にあいました。小さいけど触手の長いフウセンクラゲアンドンクラゲにやられました。

クマノミがなぜイソギンチャクに刺されないかということからスタートしてマグネシウムの効果を突き止めそれが後輩に引き継がれたそうで、しかも学校にかつてあった「長浜水族館」を復活させたいという夢を持っているといいます。

開発のきっかけは「地元の人が大切にしていた水族館を復活させたい」という部員らの思いだった。一九三五年にオープンし、地元のシンボルとして愛されていた「長浜水族館」が、老朽化で八〇年代に閉館。収益は水族館の復活に役立てるつもりだ。



ぜひとも研究の成果のレポートを手に入れたいと思います。

また商品化までは実験だけでなく、マーケティングやデザイン、さらに経営の知識など総合的な力が必要なはずです。

先生の指導もあるでしょうが、外部の協力も得なければならないはずで、その点での取り組みもどうしたのか調べてみようと思います。

とにかく新しい教育の姿がここにあると思います。

長高水族館 - 大洲市ホームページ
http://www.city.ozu.ehime.jp/site/discovery/0054.html

愛媛県立長浜高等学校 - 長高水族館について https://ehm-nagahama-h.esnet.ed.jp/cms/modules/tinyd2/index.php?id=6

【追記】
この高校面白いです。
愛媛県立長浜高等学校 - 学校公式サイト
30%以内にすることとして「全国募集」というのを始めています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。