FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文部科学省施策で読み解く定員割れと定員抑制の微妙な関係 大規模大学と中小規模大学、地域振興と地方大学 

以下の記事をじっくり読んでみると複雑に絡み合った糸をほどくような読み解きの技術が必要なようだ。
なぜそんなに複雑な様相を呈しているのか考えてみると文部科学省と財務省の思惑と駆け引き。大規模大学の思惑、さらに経産省や総務省、官邸といったところの利害が絡み合い、一本になっていないからである。

しかし、とにかく、大規模大学に対する定員抑制策は今年の入試(過年度)についてはうまくいったように見える。定員充足できていなかった中小規模の大学にだいぶ学生が入ってきた。一般入試の倍率が軒並み上がり、不合格者が続出したのだ。予備校ならびに高校現場はかなり慌てたようだ。予備校やベネッセの合否判定が役に立たなかったと聞く。

不合格者は2月後半から3月にかけて入りやすい大学の受験に動いた。定員を厳密に守らなければならない上位大学(=たいていが大規模大学)は歩留まりを高めに読んで合格者を絞らなければならなかったが、経営上、定員を欠けるわけにはいかないので補欠を出すことでしのいだ。欠けると補欠の合格を出していった。

ネットの(裏)掲示板では〇〇大学は今何番まで補欠合格が出たという情報が駆け巡った。
受験生も親も必死である。滑り止め校の入学手続きの締め切り日を気にしながら本命校の補欠の通知を待つという日が続いた。
それでも入学金を捨てる覚悟で手続きをした受験生も多かった。その後に補欠の合格が出ると当然本命校の手続きも行い、最終的に滑り止め校の入学を辞退する。(多くの場合、入学金だけは返還されない)
こうなると入学辞退が出た大学が補欠合格を出すことになるので、この入学手続き者の入り繰りが大混乱を引き起こした。
最終的には3月31日までその狂騒曲が続いたのが今年の大学入試であった。
おそらく入学式当日を迎えるまで入学者を確定できなかった大学も多かったはずだ。

更なる問題は不本意入学者を抱えた大学の苦悩は中退問題である。
中退率が高いと教育の問題を問われるからである。
これまでの流れで単純に教育が悪いから中退が高くなるわけではない。
そもそも不本意に入学している可能性がある学生は簡単に辞める。あるいは辞めないが次の年の入試に備えて仮面浪人することもある。そうなると授業には出てこない。

この不本意入学問題もかかわってくるのである。これは今年の後半に課題として浮上してくるに違いない。

以下の記事をとにかくよく読んでもらいたい。よく取材してある。

今年度からの私学助成配分ルール変更-教育の質の指標が固まる | 大学改革を知る | Between情報サイト2018/04/18

次年度からの私学助成-定員割れの減額率を上げ、教育の質で増額も | 大学改革を知る | Between情報サイト

23区規制は最終報告で歩み寄り~「一時的な収容定員増」を容認 | 大学改革を知る | Between情報サイト

最後に文部科学省の補助金関係の資料も掲げておく。

09 平成30年度私学助成関係予算(案)の説明
平成30年1月/文部科学省高等教育局私学部
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。