FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢のISAKジャパンが日本の教育を変える日

ISAKジャパン・小林りん氏が語る 「次の時代に求められる力とは」:朝日新聞GLOBE+
2014年に開校したISAKジャパンは、「すべての生徒が社会を変革できる可能性を秘めている」として、海外から多くの生徒や教師を集め、多様性を重視しながらリーダーシップ教育に力を入れている。 2017年には世界各国から選抜された高校生を受け入れ、教育を通じて国際感覚豊かな人材を養成することを目的とする国際的な民間教育機関「ユナイテッド・ワールド・カレッジ」(UWC)に加盟して日本初の認定校となった。 生徒は今年5月時点で、170人。世界58カ国から集まる。日本人生徒は45人で、生徒全員が寮生活を送る。学費は寮費も含めると年間430万円ほどかかるが、あらゆる社会階層出身の生徒にもチャンスを与えるため、約7割の生徒に奨学金を給付している。奨学金の総額は毎年4億円近くにのぼり、企業や篤志家からのほか、軽井沢町の「ふるさと納税」制度を通じて、全国の個人から多くの寄付が寄せられる。


国際バカロレアとは
インタビューに入る前に、国際バカロレア(IB)とは何か、簡単に触れておきたい。 スイスの財団法人である国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が認定する教育プログラムで、半世紀前の1968年にスタートした。国際機関が多いジュネーブの学校には、各国から生徒が集まっていたが、各国ごとに大学の入試制度は異なるという問題があった。そのため、世界共通の成績証明書のようなものをつくろうという動きが生まれた。16歳から19歳を対象とする「ディプロマ・プログラム(DP)」(2年間)を修了し、試験に合格すれば、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)が得られる。現在、150以上の国・地域の約5000校が認定校となっている。


日本で始まっているグローバルな教育です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。